田舎体験しが
ホーム
項目別検索
地域別検索
イベント情報
グリーンツーリズムとは
リンク集
よくある質問

詳細表示
BACK



農家民宿 永久(とわ)小倉剛さん
鮎河へいっぺん来てやぁ〜
農山漁村体験田舎暮らし農山漁村観光
農作業等体験採る・味わい体験農家民宿

2016年07月20日現在の内容です。


ご自宅の一室に泊まるスタイル

鮎河菜の漬け物  (料理内容は季節により変わります)
 甲賀市土山町鮎河(あいが)は、山間にある150戸あまりの集落だ。ここでさまざまな村おこしの活動を続けてきた、農事組合法人「すごいえぇのう鮎河」組合長の小倉剛さんは、2011年5月に農家民宿の営業許可を取得した。甲賀市では第1号となる。申請には間取り図なども必要だが、建材業という仕事柄図面を引くのが得意だったこともあり、手続きはスムーズに進んだという。
 小倉さんが農家民宿を始めようとしたわけは、滞在型の田舎暮らし体験の受け入れ体制を充実したいからだ。「日帰りでは味わえない、鮎河の夜や朝を体感してほしい」
この背景には、田舎暮らし体験等のニーズの高まりから、全国的に規制緩和が進み農家民宿が開業しやすくなったことがあげられる。滋賀県でも開業に関する総合的な窓口を設け支援をしている。
 2011年8月現在で、農家民宿に意欲を示している家は集落に4軒あり、小倉さんらは年内にもう一軒募り5軒にしたいと思っている。その内数軒が営業許可を取得してから協議会を結成し、お客を迎える予定だ。「おもてなし」とあわせ、危機管理のマニュアルなどもより充実させていこうとしている。
 私たち取材班は正式な開業に先立ち、8月に取材を兼ね宿泊させていただいた。この日の夕食は畑の野菜を使ってのバーベキュー。とれたてのタマネギは甘さが格別。また、山あいのため大変涼しく冷房がいらないほどだった。
 集落内を散策すると、鈴鹿山系の山から引いた清冽な水が縦横に走る水路をほとばしるように流れている。春は桜、夏は蛍など、四季折々の美しさを見せる鮎河の自然や人情を泊まりがけで楽しめる日が待ち遠しい。


【概要】
施設名
農家民宿 永久(とわ)小倉剛さん
所 在 地
甲賀市 MAP
交通アクセス

駐 車 場

営業時間・時期

定 休 日

利 用 料

そ の 他


【お問い合わせ】
お問い合わせ先
小倉剛
電話番号
090-1446-1015
FAX番号
E-mail
備 考
2012年3月現在4軒が営業許可を取得ずみ。協議会「鮎河ほんまやど」を立ち上げました。
ホームページ


【関連情報】




BACK


●このサイトに関するお問い合わせ先
滋賀県農政水産部農村振興課 TEL:077-528-3961 FAX:077-528-4888
Copyright (c) Shiga Prefecture. All Rights Reserved.
サイトポリシーについて
文字サイズ
文字サイズを
大きくする元に戻す